里山保全活動団体「遊林会」


新着情報News

遊林会の紹介About us

遊林会のミッションは「人と自然、人と人をつなげること。そして、自然とのふれあいを通して豊かな心を育むこと。」そのために「足元にある自然のおもしろさは笑顔あふれる社会をつくる」をビジョンに掲げ、里山保全活動を行いながら、年間約8,000人の子どもたちに自然体験活動の指導を行っているNPO法人です。

里山保全活動Activities

森を通じて人と人とが出会い、世代を越えた交流が生まれています。活動の和を大きく広げていくとともに、蘇った里山には環境学習の場という新たな役割を与え、多くの人の参加で賑わいを見せています。

里山で学ぶLearn

どんぐりが落ち、虫たちが飛び跳ね、風に揺られて葉っぱが舞う…多くの植物やいきものがいる里山は、私たちにたくさんの恵を与えてくれ、さらに多くの学びをもたらしてくれます。実際に里山に入り、発見し、触れ、感じ、心が動く体験を通して里山の「おもしろさ」をお伝えします。

活動フィールドActivity Field

「河辺いきものの森」は、里山を活かした森です。四季を通じて多種多様な自然が育まれています。

モリイコ!

モリイコ!は、5歳から小学3年生の仲間たちや“隊長”とともに楽しみながら活動します。
これから成長していく子どもたちのこころにいろんなタネをまく活動です。
森でまいたタネは、きっとステキな花や実をつけてくれますよ。

河辺林通信

毎月発行している会報誌【河辺林通信(かへんりんつうしん)】の紹介。
より多くの人に森の情報を知っていただけるように、活動の内容や月々の話題を掲載しています。